爪を内側からしっとりさせる方法!

寒くなり手肌の乾燥を感じやすい季節になってきました!
手が乾燥するということは、
お肌・爪も乾燥しやすくなっているという事…

「しっかり保湿して
ダメージしにくい状態を保ちたい!
というところなのですが、

お肌を保湿するには、どうしますか?
化粧水をたっぷりつける
保湿系のラインに変える
オイル美容液を使う など…

手肌や爪を保湿するには?
キューティクルオイルを使う
ハンドクリームを使う
・寝る時に手袋を付ける など…

はい、どれもgoodです!◎

ですが、今あげたのは外側からのアプローチです。

外側からのアプローチ、というのは
「保湿」といえども「補う」効果であり、
カサカサのお肌に対してコンディションを整える為に+αで、水分や油分を補っていくものになります。

では乾燥に対しての内側からのアプローチとは?となりますが、
とっても大切でお手軽に見えて意外と出来ていない「水分補給」です〜!

人は1日に2l〜2.5lの水分を排出しています。

食事によって900〜1000mlの水分を摂取するという想定で、
1.5〜2lを飲む事を推奨されています

果たして500mlのペットボトルを3〜4本分を
どれだけの人が毎日飲めているでしょうか???

お水を飲むことのメリットは様々想定がつくかと思いますので
(ダイエットや美肌効果など)
爪への観点でお話ししますね。

水分補給をするとどうなるか、というと
体液(体内を調整してくれる水分)が増える
血液の循環が良くなり、老廃物を排出する
③代謝が良くなることで毛細血管の血流がUP
毛細血管から皮膚へと栄養や水分が運ばれる事で肌や爪の水分量がUP

という流れで、お肌・爪の水分量がUPします。

「爪って死んだ細胞じゃないの?!」とも言われますが
皮膚の付属器官ですので、皮膚のように排出がされています。
なのでジェルなどのネイルをしていても1ヶ月後には爪表面に余分な角質が出ていたりします。(爪呼吸はしていませんが)

皮膚が乾燥していれば爪も乾燥しますし、
爪と皮膚の硬さのバランスが崩れれば
爪が割れやすくなる原因にもなります。

理想は爪も爪の下の皮膚もふっくら柔らか♡が理想です(*’▽’*)

ということでこまめに水分を摂るのが大切なのですが、
特に入浴は体内の水分が一気に排出されますので(=巡りが良くなる)
その際に体液を増やしておく事でお肌に水分が行き渡るということになります!

シャワーや入浴前には
250〜300ml(コップ1杯以上〜2杯)の水分を
一気飲みではなく何回かに分けて飲んでから、
お風呂に行くようにしてみてください!

「お風呂上がりに飲めばいいや!」では遅いらしいのですよ、、

水分補給は良い事ずくめですので
皆さんも一緒に心掛けていきましょう!

ちなみに寝る時に手袋をするなら
綿よりもシルクがおすすめですよ〜♡
(手袋しなくてもハンドクリームたっぷりでも全然ok)